脱走猫しらすちゃんの保護 

スタッフ梅です。

譲渡した猫さんが、里親さん宅から逃げてしまった。。 堺市にある、おおさかねこ倶楽部さんから協力依頼が入りました。

経緯を聞くと、8/2に脱走。 ご相談を受けたのは9下旬。。。 わぁお!2ヶ月近く経っている!

現場は滋賀県。。闇雲に探しに行ける距離ではないところ。。 一度、チラシは撒いたものの、反応がなかったそう。。 周囲にいるかどうかもわからない状態。とにかく、まずは所在をつきとめなくてはいけません。

10月初旬。確認するため、暗視カメラを、脱走した自宅にセットしにスタッフこいけさんが向います。

おおさかねこ倶楽部の方々も全く諦めておらず、範囲を広げてチラシをポスティングされました。

すると、数日後。

チラシを見た方から「うちに似た猫がご飯食べに来てるよ」と電話が。 ヒットしました!!

場所は、里親さん宅から、徒歩5分くらいのところ。。

依頼主さんが写真で確認すると…

「間違いないです!しらすちゃんです!」

「ほぼ毎日、夕方にご飯を食べにくるようになったので、捕獲をお願いします」

と出動依頼をいただきました。

スタッフこいけさんが向かいます。

現場に到着すると、しらすちゃんらしき猫さんがいました。

走って姿を消してしまいましたが、きっとまた戻ってくるはずです。

捕獲器を設置し、待ちます。。

(ライブカメラの映像です)

がしかし、、

来ない!! いつまで経っても来ない。。

もしかしてお腹すいてない?それとも、捕獲器がダメ?

なんて事を考えながら、スマホでカメラの映像を見ながら後向きに移動していたこいけさん。

ザザーっ。と、深さ1m水路に綺麗に落ちたそうですw ご、ご愁傷さまです。。w

犬の散歩の人が言うには、深夜1時ごろにも少し離れた所でご飯をもらっているそうです。

この日は5時間ほど粘りましたが、一旦切り上げて、作戦を立て直すことになりました。

・・・

と、その後日。

ご飯をもらっていた先の方から「納屋でご飯食べてる時に、逃げ場がないように鍵をしました!」と、おおさかねこ倶楽部さんに連絡が。

すぐさま、梅が向かいます。

いた。。お目目がハッキリと。網で捕獲を試みようと考えていた私。

と、と、遠いよー。。。対角線上で、約2mはあります。中に潜り込みたくても、縦横レンガ1.5個分くらい。体が入る隙間すらなく、頭を抱えました。。

捕獲器を設置するも反応なし。

捕獲器を1度諦め、つんつんして、この狭い床下から出すことを試みます。

つんつんされ、逃げる所を探すしらすさん。 そうだよね。逃げたいよね。 ジャっとゆー音と共に、どこかの隙間へ。。

あら?逃げれる隙間があるの? あぁ、、やってしまった、、なんて思っていると、キィーキィーと、ステンレスに爪を立てているような音が。。

写真で中の天井を撮ってみると、ありました隙間。断熱材とプラスチックの壁の間の、この隙間を登り、爪を立てて耐えているんだとわかりました。。

ごめんね、怖い思いさせて。

これは出てくるまで待つしかないと判断し、お腹が空いてか、外に出ようとしたら捕獲器に入らざる得ない状況を作ることに。

ひとつしかない出入口を捕獲器で塞ぎます。 とびきり香りの出る猫缶を入れ、納屋の持ち主さんに、後を託しました。

・・・

翌日、入ってるよと連絡が!

すぐに、こいけさんが迎えに!

脱走してから約3ヶ月。。全く痩せてる様子がない。ちゃんとごはんもらえてたんやね。優しい地域だね。。

依頼者さんの元へ。

よく鳴くそうですが、撫でるとゴロゴロ喉をならし、甘えるそうです。

よかったね、しらすちゃん。

無事保護完了デス!

しらすちゃんの無事を信じて、諦めなかったおおさかねこ倶楽部の方々のおかげで、無事保護することができました。

そういえば今日見てないなー。まぁ、家のどこかにいるか。気付いた時には、窓が開いていた。なんてことがあると思います。

ん?と、なった時点で1度確認してみましょう。 窓を開ける時、ロックなど、そばにいることが当たり前の毎日に、忘れがちになります。

そして、いないとわかってからの、初動が大事になります。 猫たちも、今までと違う雰囲気に不安なはずです。

あたり前の毎日を守るのは、ご家族のみなさんです。大事な家族ですから。。