出来ることをコツコツと。

今回のご依頼は、ねこから目線。事務所から片道100キロのW市。

昨年夏ごろから、お庭に来るようになった外猫さん。我が家の庭がごはん場と寝床になり、室内にまで入り、少し遊ぶようになりました。

やってきた当初。(がっつりシャー猫さん。。w)

お部屋まで範囲を広げてきた頃。

お顔の変わりよう!だいぶと優しいお顔になってます!

そんなこんなで、1度、捕獲試みるも失敗。ねこから目線。にご依頼がありました。

捕獲当日まで、キャリーで、箱に入る練習をしてもらい、いい感じに慣れてきました。

朝8時高速運転中、キレイな朝日を見ながら、猫さんのごはんの時間に、現場に到着し、猫さんお庭で待機中。すぐに捕獲器をお部屋の中にセットします。

扉を閉めて、隙間からカメラを通して確認します。

窓を開けてもらうと、すぐ入ってきました。からの、まず毛繕いw毛繕いが済むと、入口部分から食べ進めます。いい感じいい感じ。おっけーおっけー。

カシャン!!

すんなり捕獲完了です。

依頼者さんと、和歌山スペイクリニックさんへ。

無事、お手伝い完了です!!

捕獲当日よりも、捕獲日までの準備が、実はけっこう大切なんです。

今回は、キャリーに入る練習を、依頼者さんが、実施していてくれたおかげで、スムーズに捕獲が進みました!(1例です。全ての猫さんに通用するわけではありません)

お庭にある、猫さん用のお部屋に、爪研ぎ。帰ってきたら美味しいの用意してもらってね。