捨て猫さん?2匹の保護のお手伝い

スタッフ小池です。

約半年前から突然現れた2匹の猫さんの保護のお手伝いでした。

車通りの多い大きな道路沿いの危険な場所で餌をもらっている2匹の猫さん。

半年前から突然現れ、触れるほどではありませんが人との距離感もノラ猫さんにして近い2匹。

いつ交通事故にあってもおかしくない状況なため、依頼主さんは保護を決意されたそうです。

現場にお伺いすると、すでに大通り沿いの草むらで待っている2匹。

成猫なので、サイズ的には1匹ずつ捕獲器で捕まえたい大きさですが、片方が捕まった音に驚いてもう一匹が道路に飛び出してしまうと危険なため、2匹同時捕獲を試みることにしました。

すぐに食べはじめた三毛さんと、少し遅れながらも食べ始めたキジシロさん。

2匹とも捕獲器の奥まで入ったところで、扉を閉めて保護完了です。

捕獲器に成猫2匹は狭いので、ねこから目線。の事務所で一匹ずつのケージに入れ替えます。

翌日伊丹ねこスペイクリニックさんで手術とウイルス検査をしてもらいました。

三毛さんは白血病陽性。外で生きていくのは厳しい身体でした。

優しい保護主さんに見つけてもらえて良かったね!

早くお家に慣れてくれますように。