釣り針が刺さった猫さん保護のお手伝い

スタッフ小池です。

「毎日餌場に通ってきているTNR済みのノラ猫さんの口に釣り針が刺さっている。病院に連れて行ってあげたいが捕獲ができない。」

という緊急の相談電話が入りました。

急いで現場にお伺いすると、確かに口から釣り糸が長くのびている猫さんがいます。

他にもTNR済みのノラ猫さんが居る場所でしたので、捕獲器を手動にしてターゲットの猫さんが入るのを待ちます。

無事保護完了です。

釣り針の1本が上唇の辺りに刺さっています。

依頼主さんと急いで動物病院へ。

鎮静を入れて、釣り針を外してくれました。

依頼主さんが気付くのが早かったお陰で、幸い傷口は大したことはありませんでした。

しかし、海も川も近くに無い住宅地に住むノラ猫さんの口にたまたま釣り針が刺さることがあるでしょうか?

怪我が酷くなくてよかったね、では済みません。

動物虐待の可能性があるため、依頼主さんが警察に通報し、後日依頼主さんご自宅に警察が話を聞きに来ることになったそうです。

これが、誰かが悪意を持って仕掛けた罠ならば、許せる行為ではありません。

もしも、関西圏内でそのような状況の猫さんを見かけた場合はご連絡ください。

ご連絡はこちら

お釣りは釣りは猫に使って基金から捕獲と病院搬入、退院日の送迎費として10,000円をカンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

が・・・最終的に依頼主さんからも「また他の子に使ってください」と可愛い封筒で、同額お釣りは猫に使ってね基金をいただいてしまいました。

渡して、貰って、わけがわからないやり取りになってしまいましたが、とってもあたたかいやり取りでした。

依頼主さま、ありがとうございましたm(_ _)m

ケガ子猫とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

家裏に、前脚が折れてる子猫がごはんを食べにくるので、捕まえて治療したいという今回のご依頼。

夕方お伺いし、猫さんが出てくるであろう所に捕獲器を設置。

が、なかなか出てこず、他の猫たちがちらほら。。

1時間半くらい経過したところで。。

待ちに待った、ターゲットの子猫さん登場です!

捕獲器を設置し直し、隠れて待ちます。

数分後、無事捕獲完了です!食欲があってよかった!

よくよく見てみると、、完全に手首あたりが折れ曲がり、そのまま着いて歩いてたようで、表面が痛々しいことに。。

翌日、一犬猫病院へ。

肩からの断脚処置となったようです。さらに、心臓が悪いことが発覚。リリースは難しいとの判断により、依頼主さんが一旦保護してくださることに。

気がかりで仕方なかった猫さんの治療が出来て、とりあえずほっと出来た依頼主さん。これからも子猫さんが健やかに過ごせますように。。

この子猫さんの治療費に、お釣りは猫に使ってね基金より5,000円カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございます!

下半身麻痺?の子猫さん緊急保護のお手伝い

スタッフ小池です。

「後ろ足を引きずって歩いている子猫がいる。治療してあげたいけど捕まらない!」

という相談が入り、緊急で保護に向かいました。

依頼主さんから相談と一緒に送られてきた写真。後ろ足が両方とも上を向いてしまっています。

・・・

現場に到着すると、ターゲットの子猫さんが居ました。

確かに後ろ足は引きずっていますが、歩き回る元気はあるようでした。

オヤツで捕獲器に誘導しますが、なかなかフェンスから出てきてくれない子猫さん・・

最終的にフェンスを乗り越えて、網で確保しました。

急でしたが、一犬猫病院さんが受けてくださることになり、現在入院中です。

回復してくれますように。

今回のねこから目線。の出動費、7,500円(お手伝い1.5時間4,500円+30km交通費3,000円)をお釣りは猫に使ってね基金からカンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さまありがとうございました!!

ゆっけ君とお釣りは猫に使ってね基金

先日お手伝いさせていただいた子猫多めなTNRで、血がなかなか固まらない血液の凝固異常が見られ、緊急で輸血が必要になった子猫さんがいました。

6匹の一斉TNRの際に全頭にワクチンもしてくださった依頼主さん。

すでに依頼主さんの負担費用は高額でした。しかし、輸血などの緊急処置をしなければ、子猫さんの命の保証はありません。そこで、緊急処置の追加費用はねこから目線。の「お釣りは猫に使ってね基金」から出させていただきました。

病院の先生やスタッフの皆さんが手厚く処置をしてくださり、子猫さんは無事回復しました。

しかし、血が固りにくい血液異常を持っているのであればノラ猫といして生きていくことは困難です。TNR予定の子でしたが、外にリターンすれば、一回のケガ、一回の事故で死んでしまうかもしれません。

そこで、ねこから目線。の小池と梅本で相談した結果、特例ではありますが今回の子猫さんはねこから目線。で保護することにしました。

最低1ヶ月は安静に養生してもらい、1ヶ月後に血液検査などなど実施します。

以前に、スタッフ小池が迷子ねこさんの捕獲張り込み中に、懐かれすぎて連れて帰ってきたノラ子猫君は、早々と素敵なご家族に迎えていれていただきました。気の合う相棒と一緒に毎日楽しく生活しています。

そんなわけで、保護スペースに空きがあるといえばある状態ですので、ゆっくりケアをして理解ある里親さんを見つけていきたいと思います。

名前は輸血の「ゆっけ君」にしました。

2段ケージで暇そうです。

でもまだ遊ばせすぎてはいけないそうなので、処方されたお薬を飲みきるまでは安静にしてもらいます。

4日前までノラ猫さんだったので、まだまだお膝の上では緊張ぎみ。

少しずつ慣れていってね。

輸血や処置、お薬などで4万円強もお釣りは猫に使ってね基金から捻出させていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった優しすぎる依頼主の皆さま、本当にありがとうございました!!

子猫多めなTNR

スタッフ梅です。

「ご飯を回ってる先で、たくさん猫見つけた」と、TNRのお手伝い要請が入りました!

現場へ。

すでに待機してる子もいれば、時間通りにやって来る子。

わらわら集まり出したので、捕獲器を設置していきます。

置いた瞬間から入っていく子猫達。お腹空いてるんですね(泣)

2、3、4匹と、無事捕獲。

と、さくらねこさんも現れ、近くに同じ活動をされてる方がいることに、ほっとする依頼者さん。

6匹捕まったところで、猫さんの姿はなくなってしまったので、第2の現場へ。

こちらは、以前お手伝いをした、キジ猫多めな現場。

2匹いるという現場に、捕獲器を設置。キジ猫さん2匹共、数分ウロウロ、周りの誘導ごはんのみ食べる。。

ん…?

近づいてよくよく見ると、2匹共、さくらねこさんでした!前回した子達かな(^^)

もう1つ集まるところへ行くと、これまたキジ猫さんが、わらわらいました!

捕獲器設置すると、すぐにキジ子猫さんが入りましたが、その後は、みんな捕獲器周りのごはんのみを食べていくので、本日はここまで。

ほぼほぼ、子猫さんでした。春以降に生まれた子達が大きくなってきたんですね。

1匹が、血液の異常で貧血になり、緊急で処置をしていただきました。その治療費に、お釣りは猫に使ってね基金より、カンパさせていただきました。

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございました!!

手術も無事終え、リターンしてお手伝い完了です。

優しい繋がりとお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

出かけた先で、怪我を負った猫さんがいる。と、ねこから目線にお手伝い要請が入りました。ご連絡を受け、現場へ急行。

そこにいたのは…片目が何かで覆われ、ひどい状態の猫さんでした。

人への警戒心がなく、初対面の人にも、「あなたおいしいのくれる人?」と、駆け寄る姿が。

捕獲器をセットし誘導するも、踏み板手前までしか入らず、この日は断念することに。。。

次の捕獲決行日を決め、依頼者さんが毎日ごはんに通い、近所の方にもお声をかけてくださりました。

そして、、再チャレンジの日。

いつものところで、くつろぐ猫さんの姿が。

「あれ、あなた何か見たことあるわね。おいしいのくれるの?」と、寄ってきてくれました。

違うタイプの捕獲器で再チャレンジします。ほんとに警戒心のない猫さん、色んな人からごはんもらってたのかな?ちまちま誘導し、数分で無事保護完了です!

保護場所である、NPO法人動物愛護福祉協会60家さんにお送りし、翌日診察に連れて行って下さることに。。

少しでも、猫さんにとって素敵な日々が過ごせますように。。

この猫さんにお釣りは猫に使ってね基金より、5,000円カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございました!

断尾手術とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

しっぽに怪我を負った子の捕獲依頼が、ねこから目線に入りました。その子は術済みで、なかなか捕まえられないとのこと。。

翌日、ご飯の時間に合わせて向かいます。

エサやりさん姿が視界に入ると、スタスタスターっとやってきました!

踏み板式の捕獲器はなかなか入ってくれず、警戒心強い子向けの捕獲器に変更。30分程粘り、無事捕獲完了です!

確かにしっぽが付け根からずる向けになっています。。イタタタタ…泣

どうしてこんなことになってしまったんでしょうか。。病院で診察してもらい、断尾することになりました。

手術は無事に終わり、退院後、餌やりのおじいちゃんに見守られ、元いた場所へ帰っていきました!

痛みが消え、またこの場所でたくさんのえさやりさんに見守られながら、この猫さんが健やかに過ごせますように(><)

断尾の猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございました!

ケンケン猫さんの捕獲と代理診察とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

TNR済の猫さんが、片足をあげてケンケンするように歩いているのを見かけた依頼主さん。

どこか悪いなら治療してあげたいとお手伝い要請が入りました。

事前に猫さんの写真や動画をいただきました。
動画を見ると、確かに左手後肢を完全に浮かせて歩いていました。

近所の人達から色々情報を得ることが出来、どうやら1ヶ月くらい前からこの状態が続いてるそう。

捕獲当日。依頼主さんを待っていると
遠くの方に、片足を浮かせながら歩いてくる猫さん。現れてくれました!

依頼主さんと合流し、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。ごはんを置くと、すぐに捕獲器内へ。

でも、なぜかその足は地面に着いています。。あら??さっきまで痛そうにしていたのに。。着けるくらいなら、もう少し様子見るか悩みに悩んだ末、やはり痛そうな動きが見られたため、捕獲器を作動させ、無事に捕獲完了です!

また捕まった!おいしいの食べてたのに!と、とっても不服な猫さん。。

ごめんね。でもね、痛いの取ってあげたいんよ。ちょっと辛抱してね。。

翌日。検査の結果、骨折などはなく、パッドが一部分腫れており、外傷から痛みがあるのではということが分かりました。
痛みをとる処置などしてもらい、その日のうちに、元いた場所へ。

痛みが和らぎ、また元気よくごはん食べに来てくれますように…。。

びっこ引きの猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、5,000円カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言って下さった皆様、ありがとうございました!

脱腸子猫さんの保護

スタッフ小池です。

O市で脱腸している子猫さんの緊急保護のお手伝いでした。

「1週間ほどお尻から赤い長いものが出ている子猫がいる。捕獲して病院に連れていきたい。」

というご依頼でした。

お尻から赤い長いもの?

脱腸だったとしたら、なるべく早く病院に連れて行ってあげないと命取りです。

現場にお伺いすると、確かに白黒の子猫さんのお尻から赤いものがプラプラと出ています。

間違っても出ている腸を傷つけないように慎重に捕獲しました。

すぐに捕獲器に入ってくれた子猫さん。

まだ変色はしていなさそうです!

一犬猫病院さんに搬入し、緊急で避妊手術と脱腸の整復手術をしてくださいました。

手術翌日に依頼主さん宅にお送りしてお手伝い完了です!

優しい保護主さんに出会えて良かったね。

お釣りは猫に使ってね基金から、5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!

母猫さんと兄妹の子猫さんは数日後に保護することになりました。

罠にかかった猫さんの保護

スタッフ小池です。

針金が腕に巻きついているノラ猫さん保護のお手伝いでした。

依頼主さんは、ベランダにご飯を食べにくるノラ猫さんをTNRして見守ってくださっていました。

するとある日、ノラ猫さんの腕から細い針金がのびていることに気がついたそうです。

取ろうと引っ張ってみても取れず、しっかり絡まっているようでした。

そこで、ねこから目線。にノラ猫さんの捕獲と代理受診のご依頼をいただきました。

餌の時間に合わせ、依頼主さん宅へお伺いし警戒心の強い猫さん向けの大きな捕獲器を設置します。

しばらくすると、ターゲットの猫さんが現れました!

すぐに捕獲器の中のご飯を食べ始めます。

ところが、まだ去勢手術ができていないオスのノラ猫さんも登場してしまいました。

相談の結果、2匹とも捕獲することに。

オス猫さんは、翌日に伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入し去勢手術をしていただきました。

針金が巻きついている猫さんは、すぐに病院で診察してもらいました。

見えますか?

黄色の線の横に同じ長さの針金があります。

腕にキツく巻きついています。

幸い、発見と保護が早かったおかげで皮膚は裂けていませんでした。

先生が針金を切ってくれました。

明らかに人口的に輪が作られていました。

広げた輪に動物が引っかかると輪が締まり、動けば動くほどキツく締まる簡易的な手作りの罠のようです。

軽い気持ちの悪戯でしょうか。

どす黒い悪意を持った人の行為でしょうか。

いづれにせよ、動物虐待です。

心底腹が立ちます。

早期に見つけてくださった依頼主さんに感謝です。

今回の緊急捕獲と代理受診に、お釣りは猫に使ってね基金から5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」

と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

猫さんは依頼主さんのお家の中で保護してもらえることになりました。

取り外した針金の罠は、警察に証拠品として提出できるように依頼主さんにお渡ししました。